弱みをオープンにしていこう


弱みを開示することで組織にも役にたつという記事を見たのでそのシェアです。

自分の弱みって素直にオープンに言えますか?

相手や所属するコミュニティによって、言えたりいえなかったりとあると思いますが
弱みを開示し、助けてもらう、協力してもらうことがこれからとても大切になっていきます。

政府の働き方改革法案が2019年4月から適用開始されたのですが

この法案は超ざっくりいうと
超高齢化・少子化社会のための社会保障財源を増やすため
休みも取りながら効率よく働く。
健康で年を取っても生産性あげて働いていきましょう。というというものです。

そうすると、いつまでも今までの働き方を続けていくのが難しいんですね。

今までの日本は
各自が均等にできることをやりましょう。
苦手を克服してできることを増やしましょう。という日本の風潮がありました。

苦手はいけないもの。

弱みをみせるのは恥
頑張れば報われる。という日本の文化的背景もありました。

 

この考え方だと非効率であり、苦手を克服する時間もかかってしまいます。

こちらの記事を読んだのですが
「弱み」をさらけ出せる人の方が仕事で成功できる理由

https://diamond.jp/articles/-/204003?display=b
(ダイヤモンドオンラインの登録画面が出てきたらスキップボタンを押すと記事が読めます。)

一部抜粋
「自分自身がある分野において“ポンコツ”だと明らかにすることで、組織にも迷惑をかけず、貢献しやすくなります。
 人材は、パズルのピースのようなものです。それぞれの持っている能力には凹凸があって当然です。何もかもが均等かつ完璧にこなせる、きれいな円のような人材は、探してもそうはいないと思います。」

各個人が強みや弱みを把握していく必要があるんです。それが貢献にもつながります。

そして自分の弱みを伝えていける組織であると、ストレスもかからず生きていくことができます。

自分の弱みを受け入れてもらうためにも、個性を尊重して人の弱みを批判しすぎないようにすることも大切!

働き方委員会は、弱みもオープンに言えるコミュニティにしていきましょうねー!

ちなみに私はあまりリスクを考えず
飛びついたり、取り組んでも飽きてしまうことがあります。中長期で考えられない。という弱みがあります。

その辺りは運営委員の中山法子先生がしっかりブレーキ役になって長期的に考えてくれたり
運営委員の指針のずれは代表の稲垣佳美さんが修正してくれたりしてます!

できる分野を最大限に伸ばして、足りないところをお互い補える組織は最強ですね!

心理カウンセリングのモニター募集【ZOOM・スカイプ・電話相談】

人間関係の悩みをクリアにし、人生をスムーズに円滑にしていく心理カウンセリングのモニター募集をします。

カウンセリングはうつ状態の方のみ受けるものではありません
日常生活していく中で、ストレスがかかることは誰でもあります。

ちょっと疲れがたまっているな。心を整理したいな。と思った時に
心理カウンセリングを利用することは、欧米では日常になっています。
肩がこったらマッサージに行くように、心のコリをほぐして、より楽に生きていきましょう!

【カウンセリングではどんなことをするの?】

まずは現状どうなっているかのお話を伺います。
あなたの現状を整理して、自ら答えを出せるようサポートしていき
日常の生活で実行していくと良いこと等アドバイスします。

自分の抱えている問題が、問題ではなかったことに気が付け
人に話すことで、思考が整理されていきます。

【カウンセリングを受けるとどうなるの?】

(心理カウンセリングは通常1回ではなく、継続して受けることをおすすめします。半年以上をおすすめする場合もありますが、決定権は相談者様にありますので、無理におすすめすることはありません)

★抱えている問題を整理でき、問題が少なくなったり、解決できることに気がつけていきます

★自己肯定感があがり、自分の長所を客観的に知ることができます

★考え方の癖を知ることができ、あたらしい考え方を取り入れられるようになります

★心が安定することで、不要なストレスに左右されないようになります
★今までできなかったことが、実行できるようになります

*必ずこうなるとお約束するものではありませんが、より楽に生きていきたいというあなたの思いを私とともに実現させていきましょう。

 

【こんな方におすすめ】

・人間関係をスムーズにしていきたい方

・今ある悩みをクリアにしたい方

・自分らしく生きたい方

・自己表現をできるようになりたい方

・自分はダメだと感じてしまう方

・もっと自分を表現したい方

・将来に不安を感じる方

・自己実現をしていきたい方

 

モニター金額
50分 6000円 (事前の振り込みをお願いしております)

ご希望のお日にちや時間を第三希望までご連絡ください

場所
ZOOM(オンライン会議システム)指定がない場合はZOOMで行います
Skype・電話・LINE
*電話の場合は通話料はこちらで負担します。
お申込みフォーム https://ws.formzu.net/sfgen/S97592728/


*モニターのためカウセリング実施後ご感想をお願いしています。
*心療内科・精神科にかかっている方、投薬治療を受けられている方はお医者様の許可を得てお申込みください。

武田かおり
・カウンセラー
・コンサルタント
・教育心理学学士

実家の会社の倒産、家族の自殺未遂、不登校経験あり。現実を動かすカウンセリング起業・生き方を変えるセッションセミナーを行っている。

2011年からのクライアント数は5000人以上
北海道・岩手・富山・愛知・奈良・大阪・兵庫・福岡・岡山など全国で活躍
ラジオ出演もあり。2017年1月、8月にはイギリスでのセミナーも開催。クライアントには、経営者、政治家、音楽家、芸術家など世界規模で活躍されている方も多い

生きがい(IKIGAI)をもっていますか?

IKIGAI(いきがい)が海外ではやっているそうだ。

茂木健一郎さんの海外で発売された本が日本に逆輸入、日本人が書いた英語を日本人が翻訳するという形で出版された本が
30か国、28言語での出版されています。

日本人もわかっていそうでよくわかっていない「生きがい」

生きがいとは

辞書には生きるに値するもの。生きていくはりあいや喜び。「生き甲斐を見いだす」と書いてある。
「生きる」に値打ちを表す「甲斐」から生きがいという言葉になった。

生きがいは昇進したりお金を稼いだりぐたいてきに何か成し遂げて達成し自分を証明することではなく
生きがいとは、あなたにとって意味のある、人生の喜びを発見し、定義し、楽しむということ。
誰かに指定されたり、定義されるものではない。
ペットと触れ合うことが生きがいかもしれないし
文章を書くことが生きがいかもしれない。
コーヒーを飲むひと時が生きがいだったりする。

・あなたにとって心から大切にしている一番のものは何か?

・あなたに喜びを与える小さなことは何か?

という質問を自分になげかけることで、自分の生きがいのヒントがわかってくる。

生きがいがないとどうなる?

生きがいがあったから、家庭や仕事、経済的に恵まれるというわけではないが
生きがいがありますか?という質問に対して
「はい」と答えた人は、「いいえ」と答えた人よりも死亡率が低かったり、心臓血管系の病気にかかるリスクが低かったそうだ。
また、生きがいがないと答えたひとのほうが、独身率、失業率、学歴、主観的健康状態が悪く、精神的なストレスをかかえやすいといった統計がでていて

生きがいはないよりあったほうが、より幸せで活動的な人生を歩むことができると言える。

生きがいをもつには?

生きがいを持って生きるのに大切なのは
以下の五本の柱だそう。

  • 小さく始めること…小さなこだわりや小さなことを丁寧におこなっていく
  • 自分からの解放…特定の地位や肩書から解放され子供のように無邪気に
  • 調和と持続可能性…小さな喜びを日々の生活に取り入れ継続していく
  • 小さな喜び…食事を楽しんだり、日々できる喜びをしっかり味わう
  • 今ここにあること…生まれたばかりのような感覚で自分から解放され今に在る
生きがいをもつことでどうなるのか

生きがいをもつことで、混沌とした社会であったとしても
立ち直ることが可能になるし、ストレスをマネジメントすることもできるようになるし、新しいことにチャレンジする精神にも良い影響をもたらしていく。

生きがいは一人一人違う、好きなように決めて良い

生きがいは、誰かに強制されることもすることもできない。
そして、一人一人全く違うことに生きがいを感じている。

誰かのマネをする必要もなく、好きなように、好きなだけ、自由に生きがいを感じていい。
生きがいとは、自分を受け入れ自己を肯定することにほかならないし
生きがいを通じて個性が発揮されていく。

植物を見ること
毎朝早めの電車に乗ること
美味しいフルーツを食べること
テニスをすること
漫画を読むこと
赤ちゃんと触れ合うこと
小説を読むこと
朝のコーヒーを楽しむこと
掃除をすること

などなど。。あなたはどんな生きがいを持っていますか?

こちらの本おすすめです。

HSPでも楽しく幸せな人はいる

HSPとはThe Highly Sensitive Personの略だそうで
心理学者エイレン・N・アーロンさんが定義したそうだ。

とても敏感な人という意味で生活を送るうえでストレスがかかることが多い。

HSPの人の特徴は

●他人の気分に左右される
●豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい
●すぐにびっくりする
●ミスをしたり、物を忘れたりしないようにいつも気をつける
●デリケートな香りや味、音、音楽などを好む
●一度にたくさんのことを頼まれるのがイヤだ
●五感が過敏だ

5人に1人いるそうで、この文章を読んでいるあなたもそうかもしれない。

HSP診断テスト https://hsptest.jp/ で簡単な診断ができます。

私はHSP傾向は低いが、お客さまや友人知人に

そういえばHSPだろうな。という人がたくさんいる。5人に1人なのだから当然といえば当然だ。

●HSPでストレスを過多に感じて苦しそうな人
●HSPで楽しそうに暮らしている人

が存在しているのは事実で

後者の人はストレスを感じないのだろうか?HSPが影響していないのだろうか?と観察をしてみたら


●HSPで楽しそうに暮らしている人は

傾向として、彼らは自分の敏感なところを総じて、わかっているし、理解しているし、肯定していた。
また、ストレスを感じるところと心地よさをしっかりと把握しており

自分が喜ぶことを感じる力も強いため、そこにしっかりとフォーカスがあたっている。

そして、自分のルールを徹底しており、不快な経験をするところは断る。やらない。行かない。などしっかりと境界線を保つことをしている。
●HSPでストレスを過多に感じて苦しそうな人は

自分の心地よさへのフォーカスよりは、不快なことへのフォーカスが強いのと、そもそも過敏な自分がいけない。と思い込んでいるふしがあった。
社会や教育で、頑張って努力しなければいけない。我慢してやらないといけない。辛いといってはいけない。逃げてはいけない。という培われたものがあった。

HSPの人は特に自己肯定感と、自分の分析、自分のルールをつくるということは積極的にしていくと良い。
自分のルールを周囲や世界に少しづつでも伝えていくことで
あなたってそういう人なのね。と理解してもらえるし
他のHSPの人も少しづつ楽に暮らせるようになっていくから。

多数意見に逆らうことで、同調を得る

先日、スチャダラパーの野音ライブに行ったのです。

去年に引き続き二度目。

電気グルーヴとのコラボした曲を歌い、トレーナーの下にこのTシャツを着ていて

曲の最中に脱ぐパフォーマンスもありました。

薬物逮捕された人に対して

批判もあるだろうけど

バッシングして反省の意識を持たせるのが主流だったところから、変化してきてることが私は嬉しく感じます。

ファンの間では愛だね!と盛り上がってます、

薬物ダメ絶対!の広告キャッチコピーが崩れてきた時代の流れを感じます。

もちろん、ピエール瀧ではなく女性アイドルや女性タレントだとこうはいかなくて、批判で終わる可能性ありますが…。

誰かが世間に同調しないことを決めることで、反対に同調を集めることもあって

批判を恐れず自分の思うことを発信する大切さをスチャダラライブで感じます。

「運が良い人、悪い人は科学的に証明できる」


京大の藤井聡教授の研究結果が面白かったのです。「運が良い人、悪い人は科学的に証明できる」  
↓こちらを拝見しました「認知的焦点化理論」に基づくと、「運」は科学的に説明できる――藤井 聡(京都大学大学院工学研究科教授・内閣官房参与)

—————————-
2019年「幸福度ランキング」過去5年の日本の順位
2015年 46位2016年 53位2017年 51位2018年 54位2019年 58位
下がってきていますねー!!

幸福度が下がると仕事のパフォーマンスが下がり、心身の体調にも影響したり、医療費の高騰にも関わっていくため誰もが関係ないというわけでは実はありません。
京大の藤井聡教授の研究結果が面白かったのですが、「運が良い人、悪い人は科学的に証明できる」という研究。

横軸と縦軸が図になってるとすると横軸は社会的・心理的距離を示し、自分を起点として、家族・恋人→友人→知人→他人……と、右に進むほど関係は遠くなる。
縦軸は時間軸。物事の対処に当たり、思いを及ぼす時間の軸を示すもの。今→数日後→数ヶ月→数年後→社会の未来→地球の未来
この範囲がどちらも広くなっていくと運が良くなるというそう。

★自分ことだけ考えて行動するより、家族や恋人、友人、知人、他人、社会、地球などのことを無意識的にしろ意識的にしろ考えている人
★1日、2日のことを考えてる人より一週間後、何十年後、社会の未来、地球の未来を考えてる人

どちらの軸も広がっている人が必然的に運が良くなっていくそうです。「認知的焦点化理論 」というそうです。
縦軸横軸の範囲がどちらも小さいと利己的になりがちであり自分だけよければ。と考える傾向があるそう。
人には潜在的に悪者をみやぶれる能力があるし、自分のことだけ考える人や利己的な人には近づかずお互い協力できる人を探していくため、感謝しあったり、相手もよくしていこう!と思って行動するため相乗効果で運もよくなるそうです。

一方、利己的な人は皆から避けられるため、結局「こいつは利用できるかも」と言って近づいてくる人と付き合うことが多くなり「自分には運がない、不幸だ」と感じるそうです。
これは幸福度にも関わっていますね!

私は縦軸横軸ないわー!などと反省しなくても良いのですが運が良さそうな人、幸福そうな人は意識的にしろ、無意識的にしろ個以外のことを思って生きています。

孤独はいけないものなのか?

NHKニュースのニュースを見ました。内容は

NHKは先月から今月にかけてLINEを通じて全国の13歳から19歳までの若者1000人に孤独感についてのアンケートを行いました。
その結果、「孤独感やひとりぼっちをよく感じることがある」と答えた人が16%、「ときどき感じることがある」と答えた人が37%に上り、合わせると半数以上になりました。

中略

人間関係が希薄になっていると感じる。人と深く関われず本当の自分を出すことができないという思いが孤独感の背景にあるのではないか」と話しています。

このニュースを見て思ったのです。孤独感はいけないものなのでしょうか。
孤独感やひとりぼっちを感じるのって全世代わりとあるだろうし

私は今も昔も頻繁に感じます。

実際に孤独感を感じたとしても、困ったことは起きてはいませんし、心地よさを感じるときもあります。

私のようにそれがすごく心地よい人もいるし、孤独感と実際の孤立無援というのは全然違う話です。

こういったニュースを見ると

孤独感やひとりぼっちがダメだと思い込む人を増やす洗脳の意図があるように思えてならないのです。

もちろん、本当に孤独感がつらい人もいるでしょう。

ただ、この時代だからこそ、

自分の興味のある分野や好きなことを共有できる人も、わりと簡単に探せる時代になっています。

もし、辛ければ選択肢はたくさんあるから。

自分の内面が平和になると、孤独感もまた肯定できるし

結局は私たちはどんなに孤立していたとしても、

絶対にどこかで誰かと社会とつながって生きています。