教科書にはのっていない、生き方への疑問を自分自身になげかけすすんでいく

投稿者:
Pocket

女性の新しい働き方委員会にて、定例ZOOM勉強会がありました。

女性の新しい働き方委員会ブログ
女性の新しいはたき方委員会Facebookグループ
(Facebookグループは2019年5月現在、無料で女性で、Facebookアカウントをもたれている方であれば参加できます)

新しい女性の働き方委員会の運営は
代表は コンサルタント稲垣佳美さん
株式会社中山アカデミー代表中山法子さん
がメインでされています。

5月から私、武田かおりと
社労士の西村和子さんとともに運営メンバーに加わります

Facebookグループで570人以上の方が参加しています。(2019年4月現在)

昨日のZOOM勉強会のテーマは
「15歳からの強みとキャリア教育」でした。

文部科学省キャリア教育⇓
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/career/index.htm

学習指導要領が改定され
中学校からキャリアを意識し
社会にでた後の自分の役割や働き方を考えるような指導がはじまっているそうです。

今の社会は失敗をおそれたり、数多くのチャレンジをしていくというよりは
保守的に今の生活を守っていく人が多くなってきています。

これは私たち大人たちがうまくいくことだけやらせたいという想い
受験の合格、就職活動の合格へ焦点をあてている教育が次の世代へ引き継がれています。

また、失敗への批判、同調圧力への圧迫もあるでしょう。

当たり前ですが、自分と他者は違う。
家族であっても違う人間で個性があることに
チャレンジや失敗にもより寛容になって
新しいことをしていける社会をつくっていく必要があることを感じました。

私がこのグループに入って良かったな!と思っていることの一つに
テーマにそった「なんとなくわかっていそうでわかっていないこと」
が社会的な立場や国の現状、今後の課題、私たち一人ひとりができることを聞けるのが良かったです。

社会、未来へのビックスケール
今できる私たちのスモールスケール
どちらの尺度の視点もあります。

そういうことって全く他では聞く機会も話す機会もないことだな
と思って、漫然とした生き方への疑問をもつことができます。

漫然と生きていると、つい生活に追われて
考えることを放棄してしまいます。

教科書にはのっていない、生き方への疑問を自分自身になげかけ仲間とすすんでいくそんなグループです。

・一人ひとりが自分や女性の働き方を考えて行こう!
・女性のキャリアとスキルアップ
・運営のライブ配信と勉強会を開催
・オンラインでのキャリア相談会
・週に一度の運営スタッフからのお役立ち投稿。

とても充実した内容で、女性であればどなたでも参加できます。

参加はこちらから

女性の新しいはたき方委員会Facebookグループ
(Facebookグループは2019年5月現在、無料で女性で、Facebookアカウントをもたれている方であれば参加できます)


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA