個性を認めるっていうけど、あなたできてる?

Pocket

個性を認めましょう。多様性を認めましょう。

って言うけど、意外と私ができていなかったなって気が付いた話です。

私は、何かできますか?とお願いされると
やりたくない。絶対無理だなぁ。ということ以外は
はいと答えます。

「●●●ってできますか?やってください」

「はい、やってみます」

とりあえず無理そうでもチャレンジはしたいので「はい、やってみます」と答えます。

この「はい、やってみます」のニュアンスとしては

「はいやってみます(がしかし、嫌ならやめます。飽きたらやめます。もっと良い方法があればすぐ変えます。)」

わたしにとってはとりあえずやってみる。
チャレンジしてみる。ということが大切なのです。
ずっと長期にわたって同じことをやり続けたいというニュアンスは全く入っていません!

性格のタイプによっては、こういう方もいるということにびっくりしました。

「●●●ってできますか?やってください」

うーん・・・1週間お時間をください。検討します。

「はい、やってみます」

この方の「はい、やってみます」のニュアンスは

「はいやってみます(中長期にわたり、同じようように取り組んで続けていきます。)

だったりするんです。
性格によって、まったく受け止め方が違うんです!!
それを知らないと

中長期にわたって同じことを繰り返し続けるなんて、もう無理!どんだけ
どエムなのこの人!!!

と私のような人は思っちゃうんです。というか思っちゃう時あったよ・・・ごめんよ・・・

そして、私って中長期の取り組みができないから
ダメな人間なんだなぁ・・・・飽きっぽくて、おかしいのじゃないか・・・みたいに自分を否定することにも繋がります。

相手や自分の性格を知っていないと
私のようなタイプの人は、軽薄だし気分屋さん、すぐ言うことがコロコロ変わる。と思われるだろうし

後者のようなタイプの人は、融通がきかない人だなと思われたりする場合があったり、

自由にってみんな言うけど、自由をやらなければいけない!!自由と言うルールを作れない私はダメなんじゃないか・・・と自分を責めてしまう方もでてきます。

自分はこういう性格なので、
他の人もそうなのかなぁって、錯覚しちゃうんです。

自由にやるほうがいいし可能性が広がっていい!!という方もいるし、
ルールがしっかり決まっていたうえで同じことをやり続けることにやりがいを感じる人もいるんです。

仕事でいうと、同じことをやり続けたい。ルールがしっかりあるほうが良い方が、起業という選択をすると少しストレスがたまる可能性が高いし

自由にやりたい。という人が、公務員になったり9時~18時の仕事に就くとストレスがたまるかもしれません。

ただ、その点を理解したうえで、工夫をすればストレスもたまらなくなります。

それがよくよくわかるようになったのは
MBTI性格分析ワークショップを受けたから!

本当の意味で個性を認める。多様性を認めることができ
不用なストレスがからなくなります!

9/29(日)自分を知って人生に役立てる!「性格分析ワークショップ」都内

投稿者:

武田 かおり

武田かおり Facebook「女性の新しい働き方委員会」700名以上参加(2019年7月現在)のコミュニティ運営委員 https://www.facebook.com/groups/320620958502437/ ・心理カウンセラー ・明星大学通信教育課程 人文学部教育心理学科卒/教育心理学士 ・104番号案内コールセンターにて、スーパーバイザーとして10年勤務 お客様相談(クレーム)担当・内部監査員・コミュニケーター育成業務に従事 ・クレーム対応総数5000件以上、月に100件以上 ・相談業歴8年 現在までのクライアント数5000人以上 ・過去セミナー実績 150回 ・イギリスでのセミナー実績あり 働きながら通信教育課程を卒業し、コールセンターに勤務後 20代~50代の女性向けに自己実現のための相談やセミナーを行っている。 海外在住日本人への相談やイギリスでのセミナーも開催。 コミュニケーションスキルアップ・お客様対応・メンタルヘルス・自己他己実現のマインドセット変革を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA