海外ドラマはカウセリングシーンが多い!

Pocket

現代が舞台の海外ドラマ(西洋系)を見ていると、結構な頻度でカウンセリングに行くシーンや
カウンセリングをすすめるシーンがでてきます。

ビッグバンセオリー
フレンズ
セックスアンドザシティ等でもあったなぁ。

誰かが苛立っていたり、関係性がうまくいっていないと
カウンセリングに行きなよ!とすすめたり
自分で調べたりというシーンが多いのです。

ヘアサロンに行く感覚で、メンテナンスするような軽さなんでしょうね。

日本だと、自分で解決しなければならない。たえぬくのだー!という
文化背景はあるよね~
おしんが流行った文化背景はまだまだ続いてますね~

投稿者:

武田 かおり

武田かおり Facebook「女性の新しい働き方委員会」700名以上参加(2019年7月現在)のコミュニティ運営委員 https://www.facebook.com/groups/320620958502437/ ・心理カウンセラー ・明星大学通信教育課程 人文学部教育心理学科卒/教育心理学士 ・104番号案内コールセンターにて、スーパーバイザーとして10年勤務 お客様相談(クレーム)担当・内部監査員・コミュニケーター育成業務に従事 ・クレーム対応総数5000件以上、月に100件以上 ・相談業歴8年 現在までのクライアント数5000人以上 ・過去セミナー実績 150回 ・イギリスでのセミナー実績あり 働きながら通信教育課程を卒業し、コールセンターに勤務後 20代~50代の女性向けに自己実現のための相談やセミナーを行っている。 海外在住日本人への相談やイギリスでのセミナーも開催。 コミュニケーションスキルアップ・お客様対応・メンタルヘルス・自己他己実現のマインドセット変革を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA