孤独はいけないものなのか?

Pocket

NHKニュースのニュースを見ました。内容は

NHKは先月から今月にかけてLINEを通じて全国の13歳から19歳までの若者1000人に孤独感についてのアンケートを行いました。
その結果、「孤独感やひとりぼっちをよく感じることがある」と答えた人が16%、「ときどき感じることがある」と答えた人が37%に上り、合わせると半数以上になりました。

中略

人間関係が希薄になっていると感じる。人と深く関われず本当の自分を出すことができないという思いが孤独感の背景にあるのではないか」と話しています。

このニュースを見て思ったのです。孤独感はいけないものなのでしょうか。
孤独感やひとりぼっちを感じるのって全世代わりとあるだろうし

私は今も昔も頻繁に感じます。

実際に孤独感を感じたとしても、困ったことは起きてはいませんし、心地よさを感じるときもあります。

私のようにそれがすごく心地よい人もいるし、孤独感と実際の孤立無援というのは全然違う話です。

こういったニュースを見ると

孤独感やひとりぼっちがダメだと思い込む人を増やす洗脳の意図があるように思えてならないのです。

もちろん、本当に孤独感がつらい人もいるでしょう。

ただ、この時代だからこそ、

自分の興味のある分野や好きなことを共有できる人も、わりと簡単に探せる時代になっています。

もし、辛ければ選択肢はたくさんあるから。

自分の内面が平和になると、孤独感もまた肯定できるし

結局は私たちはどんなに孤立していたとしても、

絶対にどこかで誰かと社会とつながって生きています。

投稿者:

武田 かおり

武田かおり Facebook「女性の新しい働き方委員会」700名以上参加(2019年7月現在)のコミュニティ運営委員 https://www.facebook.com/groups/320620958502437/ ・心理カウンセラー ・明星大学通信教育課程 人文学部教育心理学科卒/教育心理学士 ・104番号案内コールセンターにて、スーパーバイザーとして10年勤務 お客様相談(クレーム)担当・内部監査員・コミュニケーター育成業務に従事 ・クレーム対応総数5000件以上、月に100件以上 ・相談業歴8年 現在までのクライアント数5000人以上 ・過去セミナー実績 150回 ・イギリスでのセミナー実績あり 働きながら通信教育課程を卒業し、コールセンターに勤務後 20代~50代の女性向けに自己実現のための相談やセミナーを行っている。 海外在住日本人への相談やイギリスでのセミナーも開催。 コミュニケーションスキルアップ・お客様対応・メンタルヘルス・自己他己実現のマインドセット変革を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA