弱みをオープンにしていこう

Pocket


弱みを開示することで組織にも役にたつという記事を見たのでそのシェアです。

自分の弱みって素直にオープンに言えますか?

相手や所属するコミュニティによって、言えたりいえなかったりとあると思いますが
弱みを開示し、助けてもらう、協力してもらうことがこれからとても大切になっていきます。

政府の働き方改革法案が2019年4月から適用開始されたのですが

この法案は超ざっくりいうと
超高齢化・少子化社会のための社会保障財源を増やすため
休みも取りながら効率よく働く。
健康で年を取っても生産性あげて働いていきましょう。というというものです。

そうすると、いつまでも今までの働き方を続けていくのが難しいんですね。

今までの日本は
各自が均等にできることをやりましょう。
苦手を克服してできることを増やしましょう。という日本の風潮がありました。

苦手はいけないもの。

弱みをみせるのは恥
頑張れば報われる。という日本の文化的背景もありました。

 

この考え方だと非効率であり、苦手を克服する時間もかかってしまいます。

こちらの記事を読んだのですが
「弱み」をさらけ出せる人の方が仕事で成功できる理由

https://diamond.jp/articles/-/204003?display=b
(ダイヤモンドオンラインの登録画面が出てきたらスキップボタンを押すと記事が読めます。)

一部抜粋
「自分自身がある分野において“ポンコツ”だと明らかにすることで、組織にも迷惑をかけず、貢献しやすくなります。
 人材は、パズルのピースのようなものです。それぞれの持っている能力には凹凸があって当然です。何もかもが均等かつ完璧にこなせる、きれいな円のような人材は、探してもそうはいないと思います。」

各個人が強みや弱みを把握していく必要があるんです。それが貢献にもつながります。

そして自分の弱みを伝えていける組織であると、ストレスもかからず生きていくことができます。

自分の弱みを受け入れてもらうためにも、個性を尊重して人の弱みを批判しすぎないようにすることも大切!

働き方委員会は、弱みもオープンに言えるコミュニティにしていきましょうねー!

ちなみに私はあまりリスクを考えず
飛びついたり、取り組んでも飽きてしまうことがあります。中長期で考えられない。という弱みがあります。

その辺りは運営委員の中山法子先生がしっかりブレーキ役になって長期的に考えてくれたり
運営委員の指針のずれは代表の稲垣佳美さんが修正してくれたりしてます!

できる分野を最大限に伸ばして、足りないところをお互い補える組織は最強ですね!

投稿者:

武田 かおり

武田かおり Facebook「女性の新しい働き方委員会」約1000名以上参加(2019年12月現在)のコミュニティ運営委員 https://www.facebook.com/groups/320620958502437/ ・アラフォー大学生 ・心理カウンセラー ・明星大学通信教育課程 人文学部教育心理学科卒/教育心理学士 ・104番号案内コールセンターにて、スーパーバイザーとして10年勤務 お客様相談(クレーム)担当・内部監査員・コミュニケーター育成業務に従事 ・クレーム対応総数5000件以上、月に100件以上 ・相談業歴8年 現在までのクライアント数5000人以上 ・過去セミナー実績 150回 ・イギリスでのセミナー実績あり 働きながら通信教育課程を卒業し、コールセンターに勤務後 20代~50代の女性向けに自己実現のための相談やセミナーを行っている。 海外在住日本人への相談やイギリスでのセミナーも開催。 コミュニケーションスキルアップ・お客様対応・メンタルヘルス・自己他己実現のマインドセット変革を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA