生きがい(IKIGAI)をもっていますか?

Pocket

IKIGAI(いきがい)が海外ではやっているそうだ。

茂木健一郎さんの海外で発売された本が日本に逆輸入、日本人が書いた英語を日本人が翻訳するという形で出版された本が
30か国、28言語での出版されています。

日本人もわかっていそうでよくわかっていない「生きがい」

生きがいとは

辞書には生きるに値するもの。生きていくはりあいや喜び。「生き甲斐を見いだす」と書いてある。
「生きる」に値打ちを表す「甲斐」から生きがいという言葉になった。

生きがいは昇進したりお金を稼いだりぐたいてきに何か成し遂げて達成し自分を証明することではなく
生きがいとは、あなたにとって意味のある、人生の喜びを発見し、定義し、楽しむということ。
誰かに指定されたり、定義されるものではない。
ペットと触れ合うことが生きがいかもしれないし
文章を書くことが生きがいかもしれない。
コーヒーを飲むひと時が生きがいだったりする。

・あなたにとって心から大切にしている一番のものは何か?

・あなたに喜びを与える小さなことは何か?

という質問を自分になげかけることで、自分の生きがいのヒントがわかってくる。

生きがいがないとどうなる?

生きがいがあったから、家庭や仕事、経済的に恵まれるというわけではないが
生きがいがありますか?という質問に対して
「はい」と答えた人は、「いいえ」と答えた人よりも死亡率が低かったり、心臓血管系の病気にかかるリスクが低かったそうだ。
また、生きがいがないと答えたひとのほうが、独身率、失業率、学歴、主観的健康状態が悪く、精神的なストレスをかかえやすいといった統計がでていて

生きがいはないよりあったほうが、より幸せで活動的な人生を歩むことができると言える。

生きがいをもつには?

生きがいを持って生きるのに大切なのは
以下の五本の柱だそう。

  • 小さく始めること…小さなこだわりや小さなことを丁寧におこなっていく
  • 自分からの解放…特定の地位や肩書から解放され子供のように無邪気に
  • 調和と持続可能性…小さな喜びを日々の生活に取り入れ継続していく
  • 小さな喜び…食事を楽しんだり、日々できる喜びをしっかり味わう
  • 今ここにあること…生まれたばかりのような感覚で自分から解放され今に在る
生きがいをもつことでどうなるのか

生きがいをもつことで、混沌とした社会であったとしても
立ち直ることが可能になるし、ストレスをマネジメントすることもできるようになるし、新しいことにチャレンジする精神にも良い影響をもたらしていく。

生きがいは一人一人違う、好きなように決めて良い

生きがいは、誰かに強制されることもすることもできない。
そして、一人一人全く違うことに生きがいを感じている。

誰かのマネをする必要もなく、好きなように、好きなだけ、自由に生きがいを感じていい。
生きがいとは、自分を受け入れ自己を肯定することにほかならないし
生きがいを通じて個性が発揮されていく。

植物を見ること
毎朝早めの電車に乗ること
美味しいフルーツを食べること
テニスをすること
漫画を読むこと
赤ちゃんと触れ合うこと
小説を読むこと
朝のコーヒーを楽しむこと
掃除をすること

などなど。。あなたはどんな生きがいを持っていますか?

こちらの本おすすめです。

投稿者:

武田 かおり

武田かおり Facebook「女性の新しい働き方委員会」700名以上参加(2019年7月現在)のコミュニティ運営委員 https://www.facebook.com/groups/320620958502437/ ・心理カウンセラー ・明星大学通信教育課程 人文学部教育心理学科卒/教育心理学士 ・104番号案内コールセンターにて、スーパーバイザーとして10年勤務 お客様相談(クレーム)担当・内部監査員・コミュニケーター育成業務に従事 ・クレーム対応総数5000件以上、月に100件以上 ・相談業歴8年 現在までのクライアント数5000人以上 ・過去セミナー実績 150回 ・イギリスでのセミナー実績あり 働きながら通信教育課程を卒業し、コールセンターに勤務後 20代~50代の女性向けに自己実現のための相談やセミナーを行っている。 海外在住日本人への相談やイギリスでのセミナーも開催。 コミュニケーションスキルアップ・お客様対応・メンタルヘルス・自己他己実現のマインドセット変革を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA