8月3日(土)9:00~勉強朝活【東京駅】

私、今後通信制大学にも通うつもりだし、ある資格も別にとる予定なのですが
全然勉強がはかどらないのです・・

ついついネットサーフィンしたり、後回しになっていて・・

勉強ってやろうやろうと思っていても後回しになってしまうことってありませんか?

一緒に勉強しよう!と思っている人と一緒に勉強すれば
続けられるんじゃない♡

一緒に勉強しましょうー!

勉強に限らず、ブログを書いたり、仕事の作業をしたり、本を読んだりでもOKです。

流れは

9時に東京駅近くのカフェに集合

自己紹介、今日何をやるのかお話する

1時間ほど各自勉強等する

終了後、どのくらいすすんだか、感想などをシェア・雑談

解散

という感じです。

参加資格
・なにか勉強したい方
・読みたい本がある方
・PC作業がしたい方
・ブログを書きたい方
・カフェでできる仕事がある方
・その他、これをやりたい!というものがある方

8月3日(土)9時~11時ごろ
東京駅近辺のカフェを予定しています
(ドトールかスターバックス等を予定しています)

参加費 ご自身の飲食代

参加申し込みはこちらから
https://ws.formzu.net/fgen/S97592728/

大学の入学説明会に行ってきました!

今日は千葉県松戸市にある聖徳大学通信教育部(公認心理師カリキュラム)の入学説明会に行ってきました!

入学説明会は
学習についてや資格取得について1時間くらい聞いた後
教授の模擬講義もありました。

講義内容は認知心理学について、
認知心理学は、心理過程は情報処理過程であるという考えに基づく学問です。

面白かったのが、定義がはっきりしない「感性」KANSEI
(複雑な並列的相互作用の中で暗示的に取り交わされる漠然とした情報を直感的に察知する能力)
も取り扱う学問だそう。

感性はKANSEIって学問上、英語でもKANSEIと表記するんだってー!
カラオケ KARAOKE 過労死 KAROSHI も余談だけど
そのまま表記するのと一緒だそう。

あと、人工知能が進化しているけど、人工知能はルールが決まっている「ゲーム」はできるけど、子どもが遊ぶような、意図しない行動もできるような「プレイ」はまだできない。
というような雑談がたくさんあった講義で短かったけどすごっく興味深かった!!


聖徳大学は大学院と通信教育部以外は女子大なので
キャンパスは若い女子ばかりだったー!共学育ちの私としてはなんか新鮮だったわー!
資料がピンクのエコバックに入っていて、さすが女子大かわいい。

大学の案内ツアーもやってくれて、興味を引いたのが
聖徳大学川並香順記念講堂、全日制に演奏学科もあるためか
有名なアーティスト、ウィーン少年合唱団、宝塚歌劇団の方などよんで
年30回ほどコンサート等があるそう。


入学したら、通信教育部学生も、行けるっていってたなぁ
すごい行ってみたい!

なぜこの大学に行こうかと思っているのかというと
昨年から国家資格となった公認心理師のカリキュラムがあるためです。
公認心理師は私はたぶんとらないんだけど、この内容のカリキュラムは興味あって、
まだ新しくはじまったばかりなので
通信だとまだ3校しかないのです。3年次編入できるのが2校のみ。
放送大学と聖徳大学なのです~

放送大学も気になっていて、そちらも入学説明会8月に行けたらいいなと思っています。

どちらにせよ、入学でき、学習を何年かして、単位がとれる
認定心理士はとりたいな。

入学説明会に参加されていたのは50名~70名くらいでした。
女性が8割、男性2割くらいの割合で、年齢は30代~50代が多い感じ。
若い方は少なかった印象です。

通信なので、お仕事されていて必要な資格を取得したい。という方が多いのかな。
学ぶのに年齢は関係ないですねー!

7月26日(金)21:00~定期勉強会 煩悩のススメ~偏愛を語ろう!~

7/26金 21時半~

女性の新しい働き方委員会の定期勉強会です。

今回のライブ配信は
中山 法子 (Noriko Nakayama)
武田かおりで配信します。
先日、私は偏愛マップワークショップというイベントに参加していました。

これは、A4の真っ白い紙に自分の好きなことをたくさん書いていき
それを人と交換してコミュニケーションをとる。というイベントでした。

はじめて会った人だけの回だったんですが
大好きなものを書いて見せてもらうので
そのあとの話がすごくはずむのです。

自分好きなものがその中にあればその話を一緒にする
知らない単語があれば、これってなんですか?と聞いて新しいことを教えてもらう
好きな音楽や映画で年が近いな!ということがわかったり
めっちゃ盛り上がりました。

好きなことしか話をしないので
コミュニケーションがとっても楽しいしスムーズなのです

武田かおり偏愛マップ

大好きなものがたくさんある名刺交換!みたいな感じで、相手にも親しみを持ちます。
その偏愛マップのお話

参考図書
偏愛マップ
https://amzn.to/2Y6adRE

運営陣は仕事もそれぞれにしていますが、趣味や自分のやりたいことも
かなりしっかりやっていて、煩悩!!にも忠実に生きています。

特に、中山法子先生の煩悩は、驚くほどあって、
みんなその量に驚いています・・・

飛行機修行のために、海外日帰りトンボ返りとか、おっかけで海外までいってしまったり・・・!

今回は偏愛!煩悩の話で楽しみましょう!

女性の新しい働き方委員会はこちらからご参加いただけます。
(Facebookグループです)

いろんな人がいるねー!はパワーワード

https://poromi-free.net/
イラストは青石ぽろみさん「イラストの里」より

先日電車の中でこんなやりとりを見ました。

70歳以上かと思う女性が、
子供に肉を食べさせてはいけないとアドバイスしてたんですね~

あらー!かわいいお子さん~子育てがんばっているわね~

ありがとうございます~。

ごはんの支度もたいへんでしょう

今はいろいろ便利なものも多いし、楽しくやっています。

知らない人も多いんだけど、子どももお母さんもお肉をあまり食べないほうがいいわよ~!!
お肉は添加物も多いし・・体に悪いのよ!!

へー。勉強になります~

知り合いではなくって、電車の中ではじめてあった人同士
年配の方は、子どもが好きなようで、つい親切で言っている様子です。

がしかし・・・
いくらなんでも、初対面の人に肉食べないほうが良いって言うなんて・・・しかも成長途中の子供に・・!!と私は思いました。

これは、いわゆる

育児ハラスメントか!!とモヤモヤしてたんだけども
その年配の女性が電車を降りた後に隣にいた、旦那さんにむかって

いろんな人がいるねー☆

とニコニコしながら悪意もなく旦那さんとほのぼの話していまして

このお母さんのスルー力に尊敬!

自分の人生に大きく関わらないことについては、そっかー!いろんなひとがいるねー♡でたいていは対処できそうね。

このお母さん、味方が沢山いそうな人だなって思った日

 

7月21日(日)オンライン開催 味方を増やす人間力セミナー

 

40歳を過ぎてなぜまた大学に行くのか

通信の大学に秋から行く予定です

勉強が楽しくなって、まだいけそうなら大学院もありかもー!と思ってますが
数年、下手したら10年の長丁場になるので、えいや!!という勢いだけでは難しいから

数年かけて、勉強していくつもり。
途中で気持ちも変化して、変わる可能性があるので確実なことは言わないでこう・・。

なんで大学に行こうかと思ったのかというと

女性の新しい働き方委員会の運営委員に5月からなって
そのメンバーの方とよく話す機会ができました。

みなさん第一線で活躍されていて、顧客も多く
活躍されている方です。

女性の新しい働き方委員会
(女性のための新しい働き方生き方をみんなで考えていくコミュニティです)
https://ameblo.jp/hatarakikatakakumei/

運営メンバーで新規事業も手掛けていきます。
(企業向け研修やコンサルティング)
https://nakayama-academy.net/business/

挑戦しがいがあることだし、ほんとにみなさん尊敬できる方ばかりなのですが

正直に言うと、
「やばーい。私なんかが大丈夫なのだろうか・・・」
という少々の怖さはあるのです。

が、ここのコミュニティの良いなと思うところは
失敗してもいいし、各自で向いていることをやっていこう。
出来ないことを、根性でやる必要はない。
ということがあって、
各自でできる学びや経験を深めていっています。

私の人生のテーマとして、新しいことをしていく。挑戦し続けていくというのは常にあって、何歳まで生きるかわからないのだけども
バカでいたくない。できる限り学んでいきたい。
という欲求が強烈にあるのです。

それがお金にはすぐにはつながらないかもしれないし
行ってどうなるかはわからないのだけど、
事業をするにあたって、もっともっと勉強する必要はひしひしと感じます。

そして、物質的なものは、なくなってしまうのだけど
知識や情報というのは、誰にも盗られないし、次の世代にもなんらかの形で伝わっていく。知識や情報はいかようにも生かせる。

という考えがあります。
なのでやっぱり学びたいのです。

知識があると、何かの助けになるし、関わった人をサポートもできるから。

そして、絶対にできないことややりたくないことはしないのですが
そもそも私は通信制大学を卒業した経験があって

通信制大学を卒業した話

また、社会人なのに学生やるのもすごく面白い体験になるでしょう。

友達できるといいなぁ~!!!

勉強したりするの面白いよー!!ということを伝えていけたらとも思います。
そういう私を応援してくれたらすごくうれしいです。

企業向けキャリア教育・コンサルティング事業はじめます

女性の新しい働き方委員会の運営委員が

企業・法人向けのキャリア教育・コンサルティング事業をはじめます。

会社を経営されている方、部下をお持ちの方
ご相談に応じてカスタマイズの研修が可能となります。

個人の方も、企業や団体の方ににお声がけいただけたら嬉しいです!

株式会社中山アカデミーの事業の一環となり、
私、武田かおりもメンバーにはいっております。

事業内容はこちらからどうぞ!
https://nakayama-academy.net/business/

 

海外ドラマはカウセリングシーンが多い!

現代が舞台の海外ドラマ(西洋系)を見ていると、結構な頻度でカウンセリングに行くシーンや
カウンセリングをすすめるシーンがでてきます。

ビッグバンセオリー
フレンズ
セックスアンドザシティ等でもあったなぁ。

誰かが苛立っていたり、関係性がうまくいっていないと
カウンセリングに行きなよ!とすすめたり
自分で調べたりというシーンが多いのです。

ヘアサロンに行く感覚で、メンテナンスするような軽さなんでしょうね。

日本だと、自分で解決しなければならない。たえぬくのだー!という
文化背景はあるよね~
おしんが流行った文化背景はまだまだ続いてますね~

いかなる問題もそれを作り出した時と同じ意識では解決できない。

いかなる問題もそれを作り出した時と同じ意識では解決できない。

といったのはかの有名な物理学者アインシュタイン。

問題はそれができた、意識の次元で解決はできなくって

意識を変えることで、その答えが見えてきたり
問題が問題ではなくなる。ということがあります。

問題のさなかにいるときは、あの手この手で解決しようとしたり
あがいてみたり、いろいろしますが

解決しない時は、別の意識にならないといけないんですね。

たとえば会社のビジネスで業績が下がってしまい、
会社がなくなってしまう可能性があることは
その会社や経営者にとってはとても問題なのですが

より良い商品やサービス、ニーズにあったものが
新しくでてくることや、そうではないものが淘汰されていく。というのは

社会から見ると、歓迎することだったりします。

だって、そうじゃなかったら
江戸時代の人力飛脚便が、まだ今の世の中にも続いちゃうから。

もっとスピーディーに運べるものは?となって
馬になったり、伝書鳩になったり、今の宅配便になったり、今後はドローンになっていきます。
潜在的なニーズを形にしたものが形を変えていっています。

思考の自由度が広がるほど、見えることはひろがっていくから
問題が問題ではなくなって、チャンスに変えられたりします。

7月21日(日)オンライン開催 味方を増やす人間力セミナー

女性の新しい働き方委員会・運営陣のよもやま話動画公開

運営の稲垣佳美・中山法子・西村和子のミーティング中の雑談を公開します。

いつもこんな感じで話しているんです。

見ていただくとわかりますが

三人とも個性があり、三者三様のコミュニケーションスタイルでやっています。
コミュニケーションスタイル・自己肯定感が高いことについても学べる内容になっています。

トータル約30分×3本です。

1.5倍速~2倍速くらいで聞いてもいいかと。

専門用語がでてきますので、用語は下記をご参考に!

◆動画第一弾 ↓↓動画はこちらから(27分)

<用語解説>

◎受動とは・・
人から声をかけられた方がうまく行ったり、関係性が長続きしたり、良好な状態が続く、誘われることも多い。

能動とは・・
自分から相手を誘ったり、声をかけたり、友達になりに行ったり、会いに行った方がうまくいき、良好な関係性になる。

◎性格の外向型・内向型とは・・・
動画で使用している外向・内向は一般的な意味と違います。
MBTIという性格心理テストで使われている外向・内向を示します。

外向:人や社会、できごとなど外の世界に関心を向ける

<特徴>
・自分の周囲で起きていることに注意を払う
・話すことによるコミュニケーションをより好む
・話しながら考えをまとめる
・実際に行動したり、人ととのかかわりを通じて学ぶ
・興味を広げる

内向:自分の内なる世界に関心を向ける

・自分の内面で起きていることに注意を払う
・書くことによるコミュニケーションをより好む
・考えを内政することでまとめる
・実際に行動したり、人ととのかかわりを通じて学ぶ
・興味を掘り下げる

◆動画第2弾↓↓動画はこちらから(28分)

・西日本と東日本のコミュニケーションの違い・ボケと自分を貶めるのは違う
・自己肯定感が低いと思っていたらそうではなかった・・
・自己肯定感が高いということについて
・話を聞くことについて/ただ聞くことについて

◆動画第3弾動画はこちらから(29分)

・各々のコミュニケーションスタイルについて

女性の新しい働き方委員会
ブログ
https://ameblo.jp/hatarakikatakakumei/
FBグループはこちら
女性の相談や人生に関わって来た、
キャリアカウンセラーとコンサルタントが中心になり、
これからの女性の働き方を考えるグループです。

幸せホルモン・セロトニンの話

セロトニンは幸せホルモンと言われていて
人の幸せややる気にかかわっている大切なホルモンです。

セロトニンやドーパミンの前駆体は腸内で作られています。

脳は第二の脳と言われていますが

人間の腸には、大脳に匹敵する数の神経細胞があります。
この理由は、進化の過程で40億年前に生物が生まれ腸に対応するものができ
5億年ほど前に脳が獲得されていったという歴史があります。

この5憶年前は生物が爆発的に進化し多様化したたカンブリア紀で
腸のほうが脳よりは歴史がずっと長いのです。

腸は消化の目的だけで働くというのが一般的な考えなのですが
実際は感情や気持ちなどを決定する物質

セロトニンやドーパミンの前駆体が腸で作られて
その神経細胞を脳に伝達しています。

(人の身体に存在するセロトニンの90%以上が腸に存在する説もあります)

セロトニンが不足すると

やる気がでなかったり、気分が落ち込んだり、不眠になったりして

生活に支障をきたしていきます。

セロトニンって、薬物療で過剰になってしまうことがあるのですが

薬物を使わず普通の生活をしていて過剰分泌されることは

めったにありません。

ドーパミンは過剰に出てしまうことがあって、そうすると精神疾患や

被害妄想が多くなってしまうことがありますが、
セロトニンと一緒にバランスがとれた分泌されると安定していきます。

つまり、セロトニンを安定して分泌できると良いのですが
セロトニンは現代社会だと通常は

安定しているか、減少してしまうか。ということになります。
セロトニンを多くする生活習慣が、メンタルヘルスのためにも大切です。

脳はバカ、腸はかしこい。という本に掲載されていた本をシェアしますね。
こちらの本、寄生虫をお腹に飼っていたこともある
変わった先生の本なのですが、面白いので興味ある方はぜひ読んでみてください。

腸はバカ脳はかしこい 藤田 紘一郎

セロトニン不足チェック

4つ以上に該当する場合はセロトニン分泌不足気味で

6つ以上に該当する場合は、かなり深刻なセロトニン不足になります。

<毎日通勤等で勤務されている方>

  1. 出勤してしばらくしてもまだ眠気が残っている。
  2. 日光をあびることが少ない。
  3. 一駅ウォークをしたい気分にならない。
  4. なるべくなら人と会いたくない。
  5. 言いたいことが言えない環境である。
  6. 自分は段田と何事に対しても消極的である
  7. 些細なことでキレやすい。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<主婦の方や在宅ワークが多い方>

  1. 椅子が目の前にあるとすぐに座ってしまう。
  2. 急いでいないのに赤信号が待てない。
  3. 友人には自分から連絡せず、連絡が来るのを待つ。
  4. 毎日の掃除や洗濯などの家事が面倒。
  5. 自分の気持ちを素直に表現できない。
  6. 電話にでることをおっくうに感じる。
  7. 自分を何もできない人間だと責めてしまう。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

みなさんどうでしたか?わたしは3つ該当していた・・・!!

この本によると、腸内環境を整えることで
セロトニンも増えて免疫力もあがっていくそうです。

一部したほうが良い生活を抜粋すると

  1. 色のついた野菜や果物を食べる
  2. 発酵食品をとる
  3. タンパク質をとる
  4. 良質な油をとる
  5. 糖質は控えめに
  6. 食べ過ぎない
  7. よく笑う
  8. 好きな人とゆっくり食べる
  9. 嫌いな人とは食事をしない
  10. ウォーキングする
  11. 多様性を認める
  12. 常に好奇心を持ち続ける

等があります~!!

わかっちゃいるけど、なかなかできないこともありますが

梅雨のお疲れもでる時期です、こんなの時は

みなさんで生活習慣を見直してみましょう~

女性の新しい働き方委員会
ブログ
https://ameblo.jp/hatarakikatakakumei/
FBグループはこちら
女性の相談や人生に関わって来た、
キャリアカウンセラーとコンサルタントが中心になり、
これからの女性の働き方を考えるグループです。