企業向けキャリア教育・コンサルティング事業はじめます

女性の新しい働き方委員会の運営委員が

企業・法人向けのキャリア教育・コンサルティング事業をはじめます。

会社を経営されている方、部下をお持ちの方
ご相談に応じてカスタマイズの研修が可能となります。

個人の方も、企業や団体の方ににお声がけいただけたら嬉しいです!

株式会社中山アカデミーの事業の一環となり、
私、武田かおりもメンバーにはいっております。

事業内容はこちらからどうぞ!
https://nakayama-academy.net/business/

 

女性の新しい働き方委員会・運営陣のよもやま話動画公開

運営の稲垣佳美・中山法子・西村和子のミーティング中の雑談を公開します。

いつもこんな感じで話しているんです。

見ていただくとわかりますが

三人とも個性があり、三者三様のコミュニケーションスタイルでやっています。
コミュニケーションスタイル・自己肯定感が高いことについても学べる内容になっています。

トータル約30分×3本です。

1.5倍速~2倍速くらいで聞いてもいいかと。

専門用語がでてきますので、用語は下記をご参考に!

◆動画第一弾 ↓↓動画はこちらから(27分)

<用語解説>

◎受動とは・・
人から声をかけられた方がうまく行ったり、関係性が長続きしたり、良好な状態が続く、誘われることも多い。

能動とは・・
自分から相手を誘ったり、声をかけたり、友達になりに行ったり、会いに行った方がうまくいき、良好な関係性になる。

◎性格の外向型・内向型とは・・・
動画で使用している外向・内向は一般的な意味と違います。
MBTIという性格心理テストで使われている外向・内向を示します。

外向:人や社会、できごとなど外の世界に関心を向ける

<特徴>
・自分の周囲で起きていることに注意を払う
・話すことによるコミュニケーションをより好む
・話しながら考えをまとめる
・実際に行動したり、人ととのかかわりを通じて学ぶ
・興味を広げる

内向:自分の内なる世界に関心を向ける

・自分の内面で起きていることに注意を払う
・書くことによるコミュニケーションをより好む
・考えを内政することでまとめる
・実際に行動したり、人ととのかかわりを通じて学ぶ
・興味を掘り下げる

◆動画第2弾↓↓動画はこちらから(28分)

・西日本と東日本のコミュニケーションの違い・ボケと自分を貶めるのは違う
・自己肯定感が低いと思っていたらそうではなかった・・
・自己肯定感が高いということについて
・話を聞くことについて/ただ聞くことについて

◆動画第3弾動画はこちらから(29分)

・各々のコミュニケーションスタイルについて

女性の新しい働き方委員会
ブログ
https://ameblo.jp/hatarakikatakakumei/
FBグループはこちら
女性の相談や人生に関わって来た、
キャリアカウンセラーとコンサルタントが中心になり、
これからの女性の働き方を考えるグループです。

7月4日(木)無料料勉強会のテーマは「フィードフォワード」!

女性の新しい働き方委員会 で4日21時半からライブ配信で勉強会を開催します!
テーマは<フィードフォワード>について。
下記内容をご確認ください!

ーーーーーーー
子育てや部下の育成などに役立つフィードフォワードという手法についてライブ配信勉強会を開催します。

フィードフォワードとは
「成功に向けて何をすべきか」という目標の達成につながるアイデアを話し合うことを指す、人材育成のための手法の1つです。

失敗したことの原因を追究するのではなく、前向きに未来を変えていこうという意欲を育てることを狙いとしています。

フィードフォワードは、個人に対する否定的な批判ではなく、まだ起こっていない未来に関する話のため受け入れやすく、前向きな思考や自主性の育成に効果的といわれています

ーーーーーー
今までの育成手法ではフィードバックという過去への反省や修正改善などに重きを置かれてきましたが、できなかったことなどにフォーカスするため、これからどうするという方向に意識が向かず、反省点ばかりに目がいくので自己肯定感を下げる要因にもなっていました。

フィードフォワードは未来への展望や希望、これからどうしたい、というところに着眼点が置かれ、目標を達成するために、自主的に考えられるようになるものです。
子育てにも有効な手法ですので、ぜひライブ配信をご覧ください。

ライブ配信は運営の稲垣佳美西村和子が担当します。

余談ですが、不幸というのは未来への希望を失った時になるものだ、という言葉をこのフィードフォワードの本を読んだ時に思い出しました。
これから自分はどうしていきたいのか、という問いが自分へも向けられるといいなと思います。

7月4日(木)21時半~の
勉強会への参加は、女性の新しい働き方委員会へ
FBグループはこちら


女性の相談や人生に関わって来た、
キャリアカウンセラーとコンサルタントが中心になり、
これからの女性の働き方を考えるグループです。

結晶の花アートアカデミー石丸留美さんのインタビュー

私も委員になっている「新しい女性の働き方委員会」
で活躍している女性へのインタビュー
「結晶の花アートアカデミー」石丸 留美さんの
インタビュー動画が公開されました。

石丸留美さん
オリジナルデザインのパステルアート『結晶の花アート』が当初から人気を呼び、結晶の花アートアカデミーを発足。
5年間で国内外に約1000人の生徒を持つ。

【認定講師教室】 
国内→北海道から沖縄全国各地。
海外→オーストラリア・マレーシア・ドイツ・台湾など約7カ国に誕生。
【出張実績】
愛媛県松山市在住ながら 全国出張講座も開催。
開催都市は 東京・大阪をはじめ約20都市におよぶ。
パステルアートの世界をとびだし 新しい発想でパステルの楽しみ方を発信しつづけている。

石丸留美さんホームページ
石丸留美さんブログ

インタビュアーは新しい女性の働き方委員会
稲垣 佳美代表です。

石丸さんは「結晶の花」というアートを国内海外で教えられていて、日本全国、台湾・香港・カナダ・マレーシア等
海外にも生徒さんがたくさんいらっしゃる方。

海外でも活躍!というとバリバリキャリアウーマン!というイメージも持ちますが
石丸さんが40歳を過ぎてからはじめられて
約10年かけて好きな「結晶の花」のアートを広げていかれたそうです。

印象に残ったのは
「アートを書くだけならできるけど、広めていくには
SNS、パソコンなども勉強しないといけない。Wi-Fiのつなぎ方もわからなく、英語も間違ってもいいから自分で勉強して発信していった」ということを仰っていて

全くわからなかったことばかりで、一つ一つ勉強をされてキャリアアップされていった方です。
自分の好きなことを深めて広めていきたい方はぜひ参考に50分くらいのインタビューです。
インタビューYouTubeはこちらからご覧になれます。

Facebookグループ新しい女性の働き方委員会では
メンバー募集しています。(現在もうすぐ600名になります)
一つの企業にずっと定年まで働き続けることがいまは殆どありません。新しく生まれる職業、なくなっていく職業。
複数の職業を持つことになったり、ライフスタイルの変化によって仕事も変わっていきます。
このグループで新しい情報を得ていくことで自分の人生にプラスなっていきます。
女性でFacebookアカウントがあればどなたでも無料で参加できます。

https://www.facebook.com/groups/320620958502437/

教科書にはのっていない、生き方への疑問を自分自身になげかけすすんでいく

女性の新しい働き方委員会にて、定例ZOOM勉強会がありました。

女性の新しい働き方委員会ブログ
女性の新しいはたき方委員会Facebookグループ
(Facebookグループは2019年5月現在、無料で女性で、Facebookアカウントをもたれている方であれば参加できます)

新しい女性の働き方委員会の運営は
代表は コンサルタント稲垣佳美さん
株式会社中山アカデミー代表中山法子さん
がメインでされています。

5月から私、武田かおりと
社労士の西村和子さんとともに運営メンバーに加わります

Facebookグループで570人以上の方が参加しています。(2019年4月現在)

昨日のZOOM勉強会のテーマは
「15歳からの強みとキャリア教育」でした。

文部科学省キャリア教育⇓
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/career/index.htm

学習指導要領が改定され
中学校からキャリアを意識し
社会にでた後の自分の役割や働き方を考えるような指導がはじまっているそうです。

今の社会は失敗をおそれたり、数多くのチャレンジをしていくというよりは
保守的に今の生活を守っていく人が多くなってきています。

これは私たち大人たちがうまくいくことだけやらせたいという想い
受験の合格、就職活動の合格へ焦点をあてている教育が次の世代へ引き継がれています。

また、失敗への批判、同調圧力への圧迫もあるでしょう。

当たり前ですが、自分と他者は違う。
家族であっても違う人間で個性があることに
チャレンジや失敗にもより寛容になって
新しいことをしていける社会をつくっていく必要があることを感じました。

私がこのグループに入って良かったな!と思っていることの一つに
テーマにそった「なんとなくわかっていそうでわかっていないこと」
が社会的な立場や国の現状、今後の課題、私たち一人ひとりができることを聞けるのが良かったです。

社会、未来へのビックスケール
今できる私たちのスモールスケール
どちらの尺度の視点もあります。

そういうことって全く他では聞く機会も話す機会もないことだな
と思って、漫然とした生き方への疑問をもつことができます。

漫然と生きていると、つい生活に追われて
考えることを放棄してしまいます。

教科書にはのっていない、生き方への疑問を自分自身になげかけ仲間とすすんでいくそんなグループです。

・一人ひとりが自分や女性の働き方を考えて行こう!
・女性のキャリアとスキルアップ
・運営のライブ配信と勉強会を開催
・オンラインでのキャリア相談会
・週に一度の運営スタッフからのお役立ち投稿。

とても充実した内容で、女性であればどなたでも参加できます。

参加はこちらから

女性の新しいはたき方委員会Facebookグループ
(Facebookグループは2019年5月現在、無料で女性で、Facebookアカウントをもたれている方であれば参加できます)